腸内年齢なんて考えたことありますか? 例えば、体力や視力、肌のハリ、記憶力などは、その衰えについて「あれ?」と感じることが誰にでもあるでしょう。でも、腸の老化がどの程度進んでいるかは、自分でもあまりよく解りません。一般的に腸の老化の原因は、食事、ストレス、運動不足、服薬などが考えられます。脂肪分の多い、かたよった食事をつづけていると、腸内ではpHがアルカリ性に傾き、腐敗作用が活発になるため有害物質が多く作られます。
有害物質というのは、アンモニア、メチルメカプタン、スカトール、硫化水素などのことで、これらが“毒素”として体に悪影響をもたらしますし、体臭や便臭の原因にもなっています。
「腸」は栄養を吸収するところなので、血液の質を左右し、体質にも影響する大切な器官といえます。また、体の中で食べたものや外敵(細菌やウィルスなど)と直に接触する場所ですから、最前線で働く免疫器官といえます。栄養を吸収する小腸の腸壁の「絨毛(じゅうもう)」は、広げるとなんと400uにもなりますから、最大サイズの臓器です。
腸内には、乳酸菌を代表とする善玉菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌、そして日和見菌がいます。日和見菌は、善玉にも悪玉にも変化する中間菌です。これらを総じて、腸内細菌といいます。腸内細菌のバランスは、食生活やライフスタイルによって変化し、善玉菌と悪玉菌とが常にテリトリー争いをしています。善玉菌が大多数をしめる腸内環境を作り出すことが、健康を維持していくために大切です。
腸の内容物は、食べた物と腸内細菌です。そして、血液の原料は全て腸から吸収されたものです。腸内が良い状態にあれば、質の良い血液が作られて、細胞もイキイキしてきます。これが健康維持のキーポイントです。あなたの便やガスは臭いますか?悪臭がするようなら、腸内環境は良い状態ではありません。悪玉菌がたくさんいるということです。善玉菌(乳酸菌)を増やして、すぐに腸内環境をリセットする努力を始めましょう。
ヨーグルトでは、腸にすんでいる善玉菌を増やすことはできません。ヨーグルトの乳酸菌は胃酸で殺されるからです。例え腸にたどり着いても、腸内に元からすんでいる細菌達から“よそ者扱い”され、便とともに追い出されてしまうのです。ですから通過菌とも呼ばれています。腸内に乳酸菌を増やすには、ヨーグルトでは役不足といえます。
1945年頃、ヨーグルトを食べても腸内乳酸菌が増えないことに気づいた研究者がいました。細菌学者の正垣一義氏です。彼は、腸内の乳酸菌を増やすには、赤ちゃんのときからすんでいる自分自身の乳酸菌を増やすしかないことに気づきました。その後、彼は生きた乳酸菌そのものではなく、乳酸菌の分泌物と菌体物質に腸内の乳酸菌を増やす効果があることを発見しました。そして、1970年に有効物質の抽出に成功しました。これが“乳酸菌生成エキス”です。
乳酸菌生成エキスの大きな特徴の一つに培地があります。牛乳を使わずに豆乳を使用しています。動物性の培地ではなく、植物の豆乳を使うことでより強力な有効成分が抽出されるからです。
乳酸菌生成エキスには4つの特徴があります。ひとつめは、16種共棲培養特殊抽出法です。菌には、複数で一緒に培養すると菌同士が勢力争いをするという特性があります。その特性を生かし、選び抜いた16種類の乳酸菌を一緒に培養し、乳酸菌の能力を鍛えています。
菌には、繁殖しにくい環境で育てると、生存能力が活性化するという特性があります。その特性を活用し、乳酸菌が繁殖しにくい豆乳のなかで育て、乳酸菌の能力を強化しています。豆乳の安全性と品質が高いことも重要であり、専用農場で栽培した無農薬有機大豆を使用しています。
発酵には、長い時間をかけて熟成を行うと品質が向上するという特性があります。その特性を活用し、1年間かけて熟成させ、発酵物に含まれる有効成分の品櫃を高めています。一定の温度と湿度管理のもとで1年間熟成しますが、この過程で乳酸菌の菌体物質が分離します。ちなみにヨーグルトの熟成に必要な時間は8時間です。乳酸菌生成エキスは、ヨーグルトの約千倍の時間をかけて熟成されています。
食べものには、特定の成分だけを抽出すると、その効果が鮮明になるという特性があります。その特性を活用し、有効成分だけを抽出したことにより、よりシャープさがあらわれます。乳酸菌の分泌物及び、乳酸菌の菌体物質という2つの有効成分を独自の方法で抽出しています。
乳酸菌の分泌物(乳酸菌生成エキス)は、腸内にすんでいる乳酸菌の菌体内の酵素を活性化し、増殖をうながします。また、悪玉菌の繁殖を抑え、悪玉菌の菌数を顕著に減少または消失させます。その上、日和見菌(中間菌)がどんどんと有用菌に変化していきます。それによって、腸内環境が改善されます。
※分泌物とは、自分以外の菌を増やさないナワバリ物質のことです。。たとえば、お酢は酢酸菌の分泌物で、腐敗菌を増やしません。
また、乳酸菌の菌体物質は、腸のパイエル板(免役誘導装置)を刺激して、免疫細胞を活性化します。菌体物質は、菌を構成している物質のことで、乳酸菌の細胞膜にあるアンテナのような物質をさします。乳酸菌の菌体物質は、腸の傷ついた細胞を修復しています。
アルベックスの飲み方は?
液体で酸味がありますので、朝食前にコップ1杯の水に溶いて摂ってください。また、多めの水に溶いておき、日中の水分補給の際に摂るのも効果的です。口腔内の菌バランスを整えるのにも役立ちますので、飲み込む前に口の中でクチュクチュと転がしてから摂るのも良い方法です。
毎日飲んだ方が良いですか?
大腸に疾病があり、特に腸が気になる方は毎日摂りましょう。便秘や下痢の場合にも毎日摂ることをおすすめします。良い便が出るようになったら様子を見て、2〜3日に1回のペースにしても良いですが、継続することが大切です。金額は、30包で7,980円(本体価格)です。

笹塚クリニックは、渋谷区にある内科クリニックです。サプリメントを使った栄養療法を行っており、サプリメントの効果的な摂り方を紹介している予防医療専門のクリニックです。

笹塚クリニックのホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。